世界の陸上競技から地域のかけっこ教室まで......

スケジュール

画像の説明

  • 「マジで?」と思ってしまうウサイン・ボルトの15の真実

1. ウサイン・ボルトは速い。だが、スタートするときは、他のほとんどの選手よりもゆっくりだ。
14日にあった、2016年五輪の100メートル決勝で、彼の反応時間は0.155秒だった。これはレースを走った8人の中で、2番目に遅いタイムだ。

2. しかし、レースが進む中で、ボルトは本当に輝きを見せた。60メートルから80メートルの区間では、彼は最速だった。
2009年にベルリンで世界記録を叩き出したレースでは、ボルトは60メートルから80メートルの間の距離を1.61秒で走り、速度は時速44.72キロに達した。

3. 身長195センチのボルトは、他のほとんどの選手よりも背が高く、100メートル走をより少ない歩数で走ることができる。ボルトの歩数は平均で41歩で、他のトップ選手は45歩前後だ。
身長195センチのボルトは、他のほとんどの選手よりも背が高く、100メートル走をより少ない歩数で走ることができる。ボルトの歩数は平均で41歩で、他のトップ選手は45歩前後だ。

4. 100メートルが得意なのと同時に、実際には200メートルも彼のお気に入りの種目。比較的得意とする距離だ。
200メートルはいつもボルトが大活躍するレースとなってきた。この種目では、彼は19.19秒のタイムの世界記録を持っている。実際、北京オリンピックの100メートルで優勝した時には、この種目のためにトレーニングした期間は1年に満たなかった。

5. 彼が100メートルを再開したのは、長い距離を走りたくなかったからだ。
彼は当初は200メートルのランナーで、コーチは400メートルを走らせたいと考えていた。2人は、もしボルトが2007年のジャマイカ選手権で200メートルのジャマイカ記録を破ることができれば、代わりに100メートルを走り、400メートルは二度と走らなくてもいいとする賭けをした。ボルトは19.75秒のタイムで19.86秒の記録を破った。これで彼は400メートルを走る必要がなくなり、100メートルを得意種目の1つに加えた。これ以降、彼はものすごくいい成績を残している。

6. ボルトは1マイル (1.6キロ)を1度も走ったことがない。
彼は本当に短距離が大好きだ。

7. 短距離が得意なのと同時に、実際に彼が1番好きなのはクリケットだ。
彼が陸上競技を選んだのは、国の代表レベルでは競争が比較的激しくないと、父親が考えたからだった。

8. 彼の主なライバルはアメリカ代表のランナー、ジャスティン・ガトリンで、ふたりはライバル関係にある。しかし、競技以外では2人は実際には友達だ。
ガトリンによると、2人はそれぞれニックネームを持っていて、一緒にパーティーを開いたこともあるという。

9. 彼は間違いなく人類最速の男だ。それにふさわしく、世界最速の陸上動物、チーターも引き取っている。
2009年、ボルトは1万3700ドルを支払い、ケニアの動物保護施設からチーターの子どもを引き取った。彼はこのチーターにライトニング・ボルトと名付け、面倒を見るために毎年3000ドルを支払っている。

10.ボルトにとっては、トレーニングと遠征だけが全てではない。彼はテレビゲームのファンで、「コール・オブ・デューティ」は特に大好きだ。
ジャマイカにある彼の家のメインルームはテレビゲームのためにあり、ほとんどの時間を「コール・オブ・デューティ」で遊ぶのに費やしている。

11. 彼は現在、厳しい食事制限を守っているところだが、いつもそうとは限らない。2008年の北京オリンピックの時には、1000個のチキン・ナゲットを食べた。
彼の自伝「Faster Than Lighting(稲妻より速く)」では、1度に20個食べるところから始まったものの、試合が進むにつれて、ナゲットの摂取量が1日100個に増えたと、ボルトは綴っている。

12. リオの100メートルで勝利したことで、ボルトオリンピック3大会連続で、この種目の金メダルを獲得した初の男になった。

13. ボルトの9.58秒という100メートルの世界記録はあまりにも速く、普通の人間に達成できる可能性がある最速のスピードに迫っている。
スタンフォード大学の生物学者マーク・デニーは、100メートル走で出せる人間のスピードの限界は9.48秒だとする2008年の研究を発表した。このタイムはボルトの記録よりも10分の1秒速いだけだ。

14.ボルトはこれら全てを脊柱湾曲症を抱えながら達成してきた。彼は生まれた時からこの状態だが、パフォーマンスに影響がでないよう、懸命な努力をしている。
彼はESPNに対し、この病気が原因で、選手生活の初めの頃は怪我をしやすい体だったと語った。それ以降は、上手くコントロールし続けられるよう、トレーニングを通して体幹と背中を鍛えてきた。

15. 今も、ボルトは母国のジャマイカに住んでトレーニングをしている。
その理由の1つは、家族や友達、コーチの近くにいたいからだ。別の理由は、ジャマイカにはセレブ文化がほとんどないからで、あまりパパラッチのことを気にしなくてもいいのだ。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional